リーブ21

■企業情報

○会社概要

商号
株式会社 毛髪クリニックリーブ21

本社
大阪市中央区城見二丁目1番61号

創業
1976年(昭和51年)8月

代表者
代表取締役社長 岡村勝正

事業内容
頭髪の発毛施術サービス及び関連商品の販売

特許取得日
平成11年8月
高周波、低周波を用いた頭髪の発毛、育毛に関するシステム

■企業理念

世界中の脱毛に悩む人々を
自信と喜びの人生に変えていくと同時に、
全従業員の物心両面の幸福を追求する

・創業の理由
日本で、脱毛が進んでいると感じている人は約4200万人います。(2010年5月 リーブ21調べ)
みなさんは、脱毛した人の約半数が他人には言えない大変な苦しみを味わっている、ということをご存じでしょうか。
私は発毛を通じてそんな人たちを苦しみから解放し、一人ひとりの人生を明るく変えたいという思いから、1976年より研究をスタートさせました。
そして '93年、あらゆるタイプの脱毛に対応できる発毛理論と技術を確立し、会社を設立したのです。
代表取締役社長 岡村勝正

・社名の由来
リーブ21(Reve-21)という社名は復活するという意味の“Revive”(リバイブ)に由来しています。
髪を復活させ脱毛に悩むすべての人々に喜びと自信を復活させたいという思いを込めて、21世紀を担う企業を目指しています。

■サービスの流れ

1,予約
リーブ21の5つのプランの中から選びます。

2,初回コース
リーブ21の発毛施術を体験できます。

3,検討
初回コースでお知らせする、リーブ21の発毛プランをじっくりご検討ください。帰宅後、充分にご検討していただき、あなた自身が納得した上ではじめていただくことが大切です。(すぐに契約をおすすめすることはありません。)

4,発毛コーススタート
「発毛は一日にしてならず」
継続してケアをしていくことが大切です。心身の状態や脱毛状態に合わせた施術を行う「オペレーター」をはじめ、発毛理論など専門分野の研修を重ねた「カウンセラー」がチーム体制で、発毛をトータルケアします。
リーブ21のスタッフが、利用される方と二人三脚で発毛を実現していきます。時には厳しく、時には優しく、しっかりサポートしていきます。

■リーブ21の発毛について

「発毛」とは、本物の自分の髪が生えてくること。人工毛などを用いる「植毛」や「増毛」とはまったく違うものです。発毛を体験された多くの方が、髪とともに本来の自信や笑顔を取り戻されています。このことが、一時的な対処法や人工的な対処法との大きな違いではないでしょうか。
髪を生やすためにまず必要なものは、心と身体の健康です。毛根の活力は、健康な心と身体によって保たれているからです。リーブ21の発毛システムは、独自の発毛診断、発毛施術から体質改善や健康補助食品、自宅でのケアまでをトータルにサポートします。こうした総合的なケアによって、ストレスやホルモンバランス、生活習慣、間違ったヘアケアなど、抜け毛・脱毛のさまざまな原因に対し、それらを根本的に予防・解決するものです。

薄毛対策は1日では成し得ません。日頃から規則正しい生活を心掛けることが薄毛対策を促す方法ではありますが、まずはしっかりとご自身の頭皮の状態を把握すること、そしてリーブ21専門のO.C(営業店)でお悩みを相談し、納得できる正しいヘアケアを実践することが薄毛対策には大変重要です。リーブ21では、育毛や発毛促進の目的や薄毛の状況に応じて選べる施術コースをご案内、抜け毛や薄毛の原因は、お客様それぞれで様々なケースがあります。39年以上にわたり専門にこだわって研究を続けてきたリーブ21の発毛促進のノウハウで、お客様にあった薄毛対策をご案内いたします。
脱毛や抜け毛は、なかなか人には打ち開けられないお悩みです。同じお悩みでも年齢や生活習慣、脱毛していた期間・各種薄毛の原因などがそれぞれ異なるため、個人差があります。まずはリーブ21で現状のお悩みを打ち明け、専門スタッフご相談いただくことが薄毛対策の近道となりますので、お一人で悩むことなくお近くのリーブ21へぜひ一度、お越しください。

■リーブ21 発毛の特徴

・心と体のトータルケア
「発毛させる」ことについて、スタッフの強い気持ちが会員様との信頼関係を築く。髪だけではない一人ひとりに応じた身体の健康にも配慮しています。

リーブ21のトータルケアは、「発毛診断・施術」「ホームケア」「体質改善」「独自の商品群」、これら4つのサービスを軸に展開しています。リーブ21のオペレーションセンターで行う「発毛施術」は、個人にあった発毛プログラムを提案し、専用器具を用いて頭皮全体を活性化することで、発毛を促進しています。また、ご自宅でも正しいケアを続けられるよう、ヘアケアの商品やアドバイスをあわせて提供しています。

・38年の研究成果 発毛システム
38年以上の研究による高い発毛技術レベルで比類のないサービスを提供。自信があるから返金制度も設けています。

リーブ21では一人ひとりに合わせた発毛システムをご用意します。発毛施術のメニューは、コースや脱毛のタイプ、お客様の状況により変わります。
独創の毛髪発毛育毛装置は、平成11年に特許を取得。
発毛にこだわりつづけるリーブ21独自の最先端発毛システムのひとつです。

・様々な脱毛原因に効果を発揮
多様な種類の脱毛に対応しています。性別や年齢、体質にかかわらず実績をだしています。

リーブ21は38年にわたり、自分の髪を生やす「発毛」にこだわって研究をつづけています。こうして積み重ねた独自の技術とノウハウ。そして、体の内外両面から発毛環境を整えていくホリスティックなケア。これらにより、性別や年齢を問わず、さまざまなタイプの脱毛に確かな成果をあげています。

■返金制度

返金制度

髪が生えなければ返金! 自信があるからできる制度です。
施術料返金制度

1年以上の発毛トータルコース、発毛ノーマルコース、オウサムクラスの各コースで効果がなかった場合、施術料を返金する制度です。
全額返金制度

プレミアムコース終了時点で効果がなかった場合、施術料およびご使用された全ての商品代金を全額返金する制度です。

返金制度の適用は、カウンセラーが「発毛診断」した施術期間の2分の1を超える1年以上のコースに限ります。
(例) 3年と「発毛診断」された場合、1年半以上のコースが返金対象となります。
     1年と「発毛診断」された場合、6カ月のコースでは返金対象になりません。

・発毛専門リーブ21の発毛の定義
リーブ21の「発毛」とは施術前と施術後の写真を比較し、脱毛部分にあきらかに黒い髪が生えている、またはあきらかに毛量の増加が客観的に認められることと定義します。

■「天使の愛 発毛支援コース」のご案内

リーブ21では社会貢献活動の一環として2006年2月1日より、全頭脱毛 (ほぼ脱毛されている方も含む) の子供に対して、施術代金 (1年間コース) 及び健康食品代金を無償、または割引でご提供するコースを開始いたしました。

※1O.Cあたり3名
「天使の愛 発毛支援コース」詳しくはこちら
5歳から12歳まで1年コース代金 …全額補償
13歳から18歳まで (在学中の方) 1年コース代金 …50%OFF
19歳から22歳まで (在学中の方) 1年コース代金 …30%OFF

■ホームケア

ホームケアでは下のような機材を使って発毛施術を行います。
・エアシャボー
・パルシータ
・テクノメイト

■役立つ髪の知識 その1

<髪の常識ウソ?ホント?>
・朝シャンは髪によい?
朝シャンなるものがはやりだしたのは、たぶんこの20年近くの間でしょう。頭皮を清潔にするという意味では、朝シャンだろうが、夜シャンだろうが、毎日シャンプー剤で髪を洗うのはいいことです。ただ、朝シャンに限らないのですが、すすぎが不十分でシャンプー剤をきれいに洗い流さないようでは逆効果になりかねません。

・シャンプー後のドライヤーはよくない?
洗髪後にドライヤーをかけるのをためらう人がいますが、確かに高温の熱風を長時間あてつづけるのは、よいとはいえないでしょう。だからといって、髪を濡れたままにするのもよくありません。水分が気化する過程で頭皮の温度が下がり、血行が悪くなります。シャンプーの後は、早めに乾かすようにしましょう。

・ワカメ、昆布は髪によい?
昔から「海草類は髪によい」といわれてきました。確かに海草類はビタミンやミネラルが豊富で体にはいいものの、残念ながら髪の発育とは直接には関係がありません。ただし、毛髪も身体の一部です。当然、体の健康によいものは髪にとってもよいものです。その意味で、海草類は食べるに越したことはないといえるでしょう。

・ダイエットは抜け毛を促進する?
ダイエットが原因で脱毛する人は、結構たくさんおられます。ダイエットをする人は、どうしても十分な栄養が摂れず、毛根にも栄養が行き渡らないために、結果的に脱毛をうながすことになるのです。やはり、日ごろからバランスのとれた食生活・適度な運動が体のためにも髪のためにもよいといえます。もっとも、必要以上にやせるのを美しいと思う価値観を改めるほうが大事かもしれませんが・・・。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 その2

誰だって自然に自分の髪を取り戻したいと思います。過去にマスコミが「脅威の育毛剤!」と騒ぎブームが起きたことは何度もありましたが、万人に効く完璧な毛生え薬が発明されたらそれこそノーベル賞ものと言われるほど、まだ存在しないのが現状です。
かといって、いったん抜けた髪が生えてこないのかといえばそうではありません。

・髪はまた生えてくる
いったん脱毛をすると、髪は永久に生えてこないのでしょうか?答えは「No!」です。
「そんなバカな」「まゆつばものだ」と疑いをもたれる方もいるでしょう。「それならノーベル賞が取れているじゃないか」と聞こえてきそうですが、単純に頭にふりかければ髪が生えてくる「毛はえ薬」があると言っているわけではありません。理論にかなった発毛プログラムを実行しましょう。

・毛根は仮死状態にある
多くの人は、「脱毛=毛根が死んでしまった結果」だと考えているのではないでしょうか?実際は、「脱毛=毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり仮死状態」なのです。毛髪の素である毛母細胞を育てている毛乳頭は、血液から送られてきた栄養素を、毛母細胞に一番ふさわしい状態に加工して与えています。毛乳頭も毛母細胞も成長の過程で皮膚細胞が変化してできるものです。

・毛乳頭の活性が鍵!
この毛乳頭が活力を取り戻して活動を開始することが鍵です。だんだんと力強い健康な髪へと成長していき、毛乳頭が正常に戻れる様、正しいケアをしましょう。

■リーブ21 髪にうれしい食事その1

<日本の伝統的食材発酵食品の魅力>
日本の生活に昔から欠かせない発酵食品は、味噌やしょうゆ、酒、漬物などたくさん存在します。今年は、地域に密着した食材や食品などにより関心が高まると言われており、「食の原点回帰」がテーマになるのかもしれません。日本の伝統的な食材 発酵食品についてふれていきたいと思います。

<日本にある発酵食品>
世界各地で発酵の食文化は受け継がれていますが、それぞれの風土によって存在する発酵菌が異なるため、地域によっていろいろな発酵食品があります。発酵に必要な酵母やカビなどの微生物は、ある程度の水分や湿気のあるところでないと繁殖できません。日本は、高温多湿な気候のため、発酵食品文化が古くから盛んでした。発酵食品は、貯蔵技術がない時代に、大切な食物を長期保存する解決策だったと言えます。

ふだん私たちがなにげなく食べているものの中にも、発酵食品は多く存在します。納豆、味噌、しょうゆといった大豆を発酵したもの、酒や酢、鰹節、漬物、ヨーグルト、チーズ、などあげていくときりがないほどです。地方へ行くと、クサヤや豆腐よう、酒盗、魚を使ったなれずし、鮒寿司など地域性がより濃くなっていきます。

<「発酵」と「腐敗」の違い>
例えば、牛乳に腐敗菌がはいって「腐った」状態になると悪臭がして、食べられないものになります。ところが、牛乳に乳酸菌がはいると、おいしくて腸の調子を整える働きのあるヨーグルトになります。この違いが発酵の面白いところです。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 その3

<抜け毛や脱毛の原因>
・ストレス
私たちの髪の毛根には、末梢神経と毛細血管が通っています。ところが、ストレスを受けると全身の器官をつかさどる自律神経のバランスがくずれ、正常に機能しなくなります。ときには毛細血管の血流が低下したり、リンパの流れが悪くなることもあります。このような場合、毛乳頭に充分な栄養補給が行われず毛母細胞の活力が低下し、脱毛が進むことがあります。
また、最悪のケースでは免疫細胞が毛母細胞を浸食、攻撃し一気に脱毛します。

・血行不良
私たちの体を巡る血液の量は体重の8%といわれます。この血液は、食事などで摂った栄養や酸素を体中の細胞へ運ぶとともに、各組織でできた老廃物を肝臓・腎臓といった処理器官へ運ぶという大事な役割を担っています。ですから、血行不良は細部に栄養が行き渡らなくなるうえに、老廃物がたまり、身体や髪にもよくない症状を引き起こします。

・遺伝
脱毛は遺伝すると、よくいわれます。しかし、脱毛そのものが遺伝するというよりも、男性ホルモンや皮脂の過剰分泌といった「脱毛しやすい体質」が遺伝するのです。脱毛している方が多いご家庭では、「体質」だけでなく、生活習慣や食生活などの「脱毛しやすい条件」まで重なってしまうと考えられます。

・ホルモン
髪の毛を美しく健やかに保つのは、女性ホルモンの働きといわれます。一方、男性型脱毛の原因とよくいわれるのが男性ホルモンです。これは、男性ホルモンもさることながら、皮脂腺でつくられた還元酵素との反応でできた5αDHT(ディハイドロテストステロン)が毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるためと考えられます。また、女性の場合、出産後のホルモンバランスの乱れや加齢による女性ホルモン分泌量の低下が髪に影響を与えることも知られています。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 その4

・頭皮の血行促進方法
人間の血液量は体重の8%といわれ、体中を巡っている血液は、食事などで摂取した栄養や酸素を身体の末端の細胞にまで運ぶとともに、各組織でできた老廃物や二酸化炭素を肝臓・腎臓といった処理器官へ運ぶという大事な役割をになっています。ですから、血行不良を起こすと、体内に栄養が行き渡らなくなるうえに、老廃物がたまり、 身体によくない症状を引き起こします。
もちろん、髪にも影響します。髪をつくり上へ上へと押し上げていく毛母細胞は、人間の体の中で最も活発に細胞分裂しており、たくさんの栄養を必要とするところです。髪にとっては、頭部の血行の良し悪しはまさに生命線ともいえるほど重要で、頭皮の血行を常日頃から心がけるようにしましょう。

<3つのマッサージ方法>
1,風池(ふうち)
前回のコラムでも紹介した「百会(ひゃくえ)」と、後頭部の首に両手の親指をあて、 頭頂部に向かってすべらせて、指が止まるところに「風池」と呼ばれるツボがあります。
この2点をとくに意識し、指の腹で円を描くように頭部全体をもみほぐします。軽く頭皮をつまむとか、トントンと叩くのも効果的です。三十秒程度でよいので頭皮の健康のために励行しましょう。

2,首や肩
首や肩の凝りもほぐしましょう。人差し指、中指、薬指の順で、凝っているなと感じる部分に指の腹をあて、ゆっくりと押しながらほぐしてみてください。

3,足ツボ
近年、人気がある足ツボですが、これもオススメです。足は第二の心臓と呼ばれています。足の裏には、各器官の経絡が集まっており、そのツボを親指や先の丸い棒で押すことで、リフレッシュできます。足裏マッサージでリフレッシュするのもいいですが、最近は書店で足ツボに関する本もたくさんありますので、自宅で手軽に試してみる事もできます。

また、マッサージとともに、入浴や適度の運動を上手に組み合わせる事もオススメします。簡単なので、是非みなさんも試してみてください。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 健康な髪のヘアサイクル

髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる周期があり、(1)成長期→(2)退行期→(3)休止期を繰り返しながら、新しい髪に生え替わります。

(1)成長期
毛母細胞が分裂を繰り返し、髪が太く伸びていく期間です。男性が3~6年、女性が4~8年程続きます。
(2)退行期
毛根が退化し始め、髪を成長させていた毛母細胞の増殖スピードが急速に落ちてきます。
(3)休止期
休止期の期間は3~6ヶ月で、この時期の髪は、完全に成長が止まってしまいます。
上記のサイクルは、男女差・個人差、ケアの差によって多少の違いはありますが、健康な髪の場合はざっと3~8年です。

・髪は1ヶ月に1センチ伸びる

日本人の標準は1日0.3~0.4mmの伸びとされ、平均すると、3日で1mm、1ヶ月で1cm、1年で12cm伸びる計算になります。もっとも、髪の伸び方は一様でなく、かなり個人差があるとされています。この髪の伸びるスピードを決めているものの1つに、増殖因子というタンパク質があるのですが、どういう増殖因子がスピードに影響しているかは、まだはっきりとしていません。もし特定できれば、強力な育毛剤ができることでしょう。

・髪の本数は約10万本

日本人の場合、成人した人の髪の本数は、10万本前後と言われています。ただ、スコープなどで見てみると、1つの毛穴から2~3本の髪が生えることもあれば、1本しか生えていない場合もあります。また、毛穴の数は生まれつき決まっており、生後これを増やすことはできません。髪がフサフサして見える人は、しっかりとした太い髪が生えていて毛量がそれだけ多くなるからで、反対に数が多くても細い髪ばかりだと、毛量は少なくなります。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 シャンプーにも注意が必要

現在、どんなシャンプー剤をお使いですか?市販のシャンプー剤によっては、かえって髪にダメージを与えてしまう場合があります。市販のシャンプー剤は、石油合成系の界面活性剤を含んでいるものが大半です。シャンプーをきちんと洗い流したつもりでも、微量の液剤が残っていれば、皮膚に浸透して頭皮に悪影響を及ぼしかねません。特に、界面活性剤は浸透性が高く、毛母細胞にダメージを与える可能性があります。

・シャンプーを選ぶ際のポイント

1.天然成分であること

上記でもお伝えしましたが、石油合成系の界面活性剤では髪にダメージを与えやすいので、なるべく天然成分配合のものを選びましょう。

2.弱酸性であること

よくコマーシャルで言われているように、皮膚は弱酸性です。ということは弱酸性のシャンプーを選べば頭皮の負担も少ないわけです。「でもシャンプーを選ぼうとしても種類が多くて迷うなぁ・・・」という方は、リーブ21のおすすめ商品コーナーをのぞいてみてください。ローマカミツレエキス、ゴボウエキス、ローズマリーエキス、マツエキス等の天然成分のシャンプー剤をご用意していますよ。

・髪に優しい洗い方

1.シャンプー剤を手のひらに取り両手でよく泡立てます。

髪にシャンプー剤を直接つけると地肌によくありません。

2.泡立てたら髪につけ地肌をやさしくマッサージするように洗います。

この時、爪を立てないようしてください。地肌を痛めてしまいます。

3.たっぷりとお湯をかけてすすいでください。

すすぎが不十分だと頭皮によくありません。時間をかけて洗い流してください。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 生活習慣をチェック!

注意1. 偏食

日本人の食生活は、欧米型にシフトしてきました。これにより動物性タンパク質、油や塩分の摂りすぎている人が増えています。また、ファースト・フードやコンビニで 3食ともすますという方もよく見かけます。忙しい日々でゆっくり時間をかけて食事をすることもままならないという方も多いことでしょう。でも、こうした食生活は脱毛の原因になるだけでなく、生活習慣病になる可能性を引き上げます。注意してください。

注意2. 運動不足

一つの階を上がるのにも階段を使わない。近所のコンビニヘ行くにも自転車やバイクで移動など...... 身に覚えのある方は、多いのではないでしょうか。運動不足は全身の機能を低下させます。新陳代謝が活発に行われず、各器官の動きも鈍って、髪によいとはいえません。適度な運動は体の為に必要であり、毎日、少なくとも30分以上の軽い運動(ウォーキングなど)をするのが理想的です。

注意3. 睡眠不足

睡眠不足が続くと脳細胞の疲労を回復することができず、内臓に障害が出たり、血液の状態が悪くなってしまいます。血液は、昼は内臓諸器官に比較的多く、夜になると皮膚や骨に流れます。そのため、皮膚の細胞は、夜10時~深夜2時ごろにつくられるといわれています。頭皮や髪もまた同じことです。太古の昔から人間は昼間活動して、夜は眠るというリズムで生活してきました。このリズムを崩さないようにしたいものですね。
「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、来年は以上のポイントを実践してみてはいかがでしょうか?

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 朝シャンは髪に良い??

1986年、「朝シャン」なる言葉が登場し、その言葉は私たちの生活の中に定着しました。当時、朝シャンと言えば若者がするものでしたが、最近は若者だけでなく老若男女、誰でもしているようです。現代人が清潔さを必要以上に気にし、フケや髪の臭いに敏感になりすぎているからだと思われます。

○頭皮も呼吸をしている

確かに、頭皮を不潔にすると、雑菌が繁殖しやすくなります。頭皮も皮膚と同じように毛穴を通じて呼吸をしているので、毛穴に皮脂やフケがつまり雑菌が繁殖すれば呼吸がしづらくなり、抜け毛の原因にもなります。その意味でも頭皮を清潔に保つことはいいことです。

○すすぎ残しに注意!

シャンプーは髪と頭皮をきれいにするので、朝でも夜でもシャンプーをすること自体は良いことです。ただし、これはすすぎが十分であることが大前提になります。多くのシャンプー剤の成分は石油合成系の界面活性剤を含み、これが頭皮に残れば、皮膚に浸透し、毛根にダメージを与え、抜け毛を誘発させる危険が増します。

○朝シャンをする時は丁寧に。

「朝シャンが髪に良くない」と言われるゆえんは、朝は概して時間がない人が多く、すすぎが不十分になる可能性があるからだと思われます。特に洗面台で服を着たままシャンプーをする人や、髪の長い人など、すすぎに手間がかかる方はその危険性が十分にあり、丁寧にすすぎをする必要があると言えるでしょう。

~回顧録(おまけ)~

その昔、一般の家庭では石鹸で髪を洗っていました。銭湯に行けば、多くの方が石鹸を頭にこすりつけていたものです。動物性または植物性の油脂などの自然素材を主としている石鹸は、頭皮への負担が少なく、若くしての脱毛が今ほど見られなかった理由の一つではないかと想像しています。ただし、石鹸で洗った後はパサついたり、感触が良くないため、おしゃれという点ではシャンプー剤に劣りますが…。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 白髪にまつわる迷信

白髪が生えてくると、「周囲に広がらないように」と抜く人を見かけたことはありませんか。1本生えると、周辺も白くなっていくので「広がる」と思われがちですが、これは全くの俗説。白髪が広がることはありません。よって、抜くことで周りに白髪が“生えてこない”というのは間違いです。
一方、「抜いたから黒髪が生えてくる」という考えもあります。 これも迷信。毛根周辺の環境がよくなって、メラノサイトが活性化されれば色素の量が増え黒くなる可能性はありますが、そうでない限り白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありません。 逆に、黒色の髪が伸びるにつれて、根元が白くなることがあります。一般に、人間の髪は1ヵ月で約1センチ伸びます。20センチの人なら約2年、30センチの人なら2年半の歳月がかかっています。それだけの時間があるためメラノサイトが変調をきたし、下の方から白い髪が伸びてくることがあるのです。
最後に、一番気になる「白髪と脱毛の関係」。白髪が増えてきたからといって、脱毛が促進されるわけではありませんが「白髪になる人はハゲない」というのも全く根拠のない話。
例えば、俳優のショーンコネリーは、側頭部は白髪ですが頭頂部の髪の毛はありません。このように、白髪と脱毛の原因は別なのです。加齢とともに髪が白くなる人はたくさんいますので「白髪になったから私はハゲない」と安心するのは早計です。
数本でも気になる白髪。白髪にまつわる迷信はたくさんありますが、どれも都合のいい解釈ばかり。迷信に惑わされず、普段から髪の健康に気を配りましょう。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 シャンプー後のドライヤーはよくない?

「ドライヤーは、髪を傷めるのでよくない」と洗髪後のドライヤーをためらっていませんか?確かに、高温の熱風を長時間、髪にあて続けるのはよくありません。また、近づけすぎて地肌を傷める場合もあります。けれども、「ドライヤーをせずに放置しておく」のもよくはないのです。

・頭皮の血行が悪くなる
洗髪後濡れたままにしておくと水分が気化(蒸発)していく過程で熱が奪われ、頭皮の温度が下がり、血行が悪くなります。髪は血液により送られてくる栄養をもらい成長するので、血行が悪いというのは髪にとって良い環境ではありません。シャンプー後はタオルドライで十分に水気を拭きとってから、短時間で乾かすようにしましょう。

また、濡れたままの髪を放置しておくことは、湯冷めや風邪を引き起こす原因にもなります。子供のころ、お風呂から出るとお母さんに「湯冷めしないように」とバスタオルで頭をゴシゴシ拭いてもらった記憶はありませんか?おばあちゃんの知恵とは言いませんが、昔からの慣わしは理にかなっているのです。つまり、洗髪後、濡れたままで放置するのではなく、「高温」「長時間」「近づけすぎ」という3点に気をつけてドライヤーを使用し、ある程度水分が取れた段階で手早く終えるようにしましょう。

・進化したドライヤー
ここ数年、遠赤外線やマイナスイオンのドライヤーが販売されています。遠赤外線方式のドライヤーは温度を高く上げないで中から髪を乾かしてくれます。一方、イオン方式の中でもマイナスイオンドライヤーは、髪の保湿性を高めてくれるなどの利点があります。こういったものを上手に利用したいものですね。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 日本人の髪は太くてまっすぐ

毛髪の形状は人種・個人差が大きく、髪の形は一般に直毛・波状毛・縮毛の3種類に大別されています。

・髪の成分
髪を輪切り状態で見ると、毛小皮、毛皮質、毛髄質の三層の輪からできています。人の髪は毛皮質の占める割合が大きく、繊維状のタンパク質を束ねたようなものになっています。成分の多くは「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で、固さは爪と同じくらい。熱に比較的強い性質を持っています。
毛皮質が造られている間に、ケラチンに含まれるシスチンというアミノ酸が他のケラチン分子のシスチンと化学結合(ジスルフィド結合)し、ケラチン分子どうしが固く結びつきます。これにより、髪の強靭性や弾力性を保持します。

・"直毛で太い髪の毛"の日本人
一般的に、日本人を含む黄色人種は直毛が多く、白人は波状毛、黒人は縮毛が多いと言われています。日本人の92%は直毛で、断面は丸く、欧米人に多く見られるウェーブしている髪は楕円形、縮毛は円をつぶしたような扁平な形をしています。
断面の丸い直毛が最も太いのですが、日本人の髪の太さは0.05~0.15ミリと幅があり、細い髪では0.05ミリ、普通の髪は0.08~0.09ミリ、太い髪は0.12~0.15ミリぐらいとされています。

・髪の性質は一定ではない
前述した髪の太さですが、一生同じではありません。
髪が最もよく成長する14~24歳まではどんどん太くなり、最盛期(男性で20歳頃・女性で25歳頃)を過ぎてしまうと、だんだんと細くなっていきます。お年寄りの髪の毛と20代のものを比べてみると分かりやすいでしょう。
また、同じ頭髪の中にも太いものや細いもの、固いものから柔らかいものまで、異なる性質の髪が生えています。これは一番外側にある毛小皮の厚さによって決まり、厚ければ固く、薄ければ柔らかい髪になります。
加齢、個人の性質、脱毛の進行等で髪の太さは変わりますが、日ごろから正しいヘアケアを心がけ、一生、太くてツヤのある髪でいたいものですね。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 皮脂の果たす役割

・皮脂の働き

皮脂は皮膚の表面で汗と脂が混ざりあってできた、薄い膜のことです。この皮脂が、皮膚を滑らかでつややかに見せ、水分が必要以上に蒸発するのを防ぎます。また、皮脂の成分である“脂肪酸”は細菌の感染を予防し、"プロビタミンD"は紫外線を受けることによってビタミンDを作ります。皮脂によるこのような膜がなければ、保湿機能が低下してカサカサ肌になってしまうので必要不可欠なものと言えます。

・皮脂腺がもっとも多いのは頭だった

知っていましたか?
身体の中で、皮脂を出す皮脂腺がもっとも多いのは頭部ということを!よって、なんらかの原因で皮脂が活発に出すぎると、他の部位より顕著に現れ、ときには脱毛に繋がります。
では、自分の頭皮の皮脂が過剰かどうかを判断するにはどうしたらいいのでしょうか?
朝、丁寧に洗顔しても、昼には鼻のあたりがベトベトしているようなら、皮脂過剰分泌タイプです。顔よりも皮脂腺が多い頭皮には、もっとベタついている可能性があります。

・髪にはどのような影響を与えているの?

過剰分泌された皮脂は過酸化脂質となります。これは活性酸素を大量につくる原因物質で、髪の成長を妨げかねません。
特に脂性の人が洗髪せずに何日も過ごすと、余分な皮脂が溜まってしまい、頭皮が赤くかぶれることもあります。このような症状は、「脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)」と呼ばれます。

・皮脂を取りすぎもダメ

冒頭でも述べたように皮脂には大切な役割もあるため、皮脂を過剰に取り除きすぎてはいけません。皮脂の量が一定以下に減ってしまうと、身体がそれを補おうとして、さらに余計に皮脂を出そうとするからです。
健髪(けんぱつ)生活を送るためには、食事と手入れが必要です。生活習慣を見直し、皮脂と仲良く付き合っていけたらいいですね。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 茶髪は髪に悪い?

あなたの髪は何色ですか?
黒髪が静かに流行となってきた今でも、見渡すと茶色い髪の人のほうが多いように思います。ファッションとして定着してきた感がある“茶髪”。脱毛と関係があるのでしょうか。

・髪を染める仕組みと、そのダメージ
一口に髪を染めるといっても、いろいろな方法があるのをご存知でしょうか?単に明るくしたいだけなら“ブリーチ”、変えた色を長持ちさせたい方は“ヘアカラー”、ダメージが気になる方は“ヘアマニキュア”というように目的により、いろいろです。

ブリーチは黒髪の元・メラニン色素を分解すること(脱色)で髪を明るくし、ヘアカラーはそれに好みの色を入れることで染色します。ヘアマニキュアは髪の表面を染料で覆い色を変えます。その点で、ヘアマニキュアは他の方法に比べてダメージが少ないと言えますが、髪と地肌に負担はかかり安心はできません。
また、染料は浸透性が非常に高く毛根にダメージを与えます。役立つ髪の豆知識にあるVol.24「髪はもともと皮膚だった」であるように、毛根部分は髪を作る大切な工場。ここがダメージを受けることで健康な髪が生えにくくなり、脱毛へと繋がっていきます。ファッションや自己主張などという理由はともかく、純粋に髪の毛のことを考えると、カラーリングは髪にはよくありません。

・おまけに
「パーマはどうか」と心配する声もよく寄せられます。
パーマをあてるときに、頭皮がヒリヒリするくらいのきつい薬品を使うので、毛根にいいはずがありません。ただ、パーマをかけておしゃれをしたいというのも自然な欲求でしょうから、2~3ヵ月に1度くらいにとどめておきたいものです。

■リーブ21 役立つ髪の豆知識 髪を健康に保とう

抜け毛はいったん増え始めると、なかなか止まりません。原因は“遺伝”など先天的なものがあるものの、食生活や生活習慣のあり方など後天的に作られた部分も多くあります。そこで、状態が悪くなる前に、“常に、髪を健康な状態に保つ心がけ”が大事! 遺伝性である男性型脱毛であっても、ある程度は進行を食い止めることが可能です。もちろん、他のタイプの脱毛も同じです。

生活習慣病と髪の病気は、原因が非常によく似ています。基本的に、身体の健康によいことは髪にもよい影響を与えます。日ごろから次の点を心がけ、健康な髪を目指しましょう。

1、バランスよく栄養を摂ろう~食生活

毛母細胞は毛乳頭から、またその先は血液から栄養を摂取して活発な細胞分裂を繰り返し、髪のもととなっています。それだけに、食生活は身体の健康と同様、髪の健康にとって大事なポイントです。今、不規則な食事をしているという方は、食生活を改善し、栄養をバランスよく摂るよう心がけましょう。

2、十分な睡眠と適度な運動を~生活習慣

髪は夜のほうがよく伸びるといわれます。よって、睡眠不足は髪の成長を妨げる一因となります。もちろん、徹夜や夜更かしなど、睡眠不足は身体にもよくなく、十分な睡眠をとることが大切です。 また、適度の運動は全身の機能を高めます。一日30分以上、軽く汗を流せば、気持ちよく眠ることもでき、髪にも効果的です。

3、ストレスはためない~生活環境

ストレスが健康(身体)によくないことは、すでに指摘されています。同じように、髪を成長させる毛母細胞にも影響を与えますので気分転換をかねて、一日30分以上はリラクゼーションタイムを持ち、ストレスを溜めないようにしましょう。

以上、3点を心がけて、末永い健髪生活を送りましょう。

*■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 体を涼しく元気に保つコツ

今年も暑い夏がやってきましたが、夏バテを防ぐには日ごろから体温調節をしっかりしておくことが重要となります。
体温調節に欠かせないのはこまめな水分補給。正しい摂り方で夏に負けない元気な体を保ちましょう。

<効果的な水分の摂り方>
1.1時間ごとに コップ半分~1杯の水分補給!

喉が渇いていなくても、常に水分は失われているので、1時間ごとに意識して水分を摂取しましょう。
2.冷たい水より常温の水がおすすめ

腸で吸収しやすい水の温度は、5~15℃程度です。冷たいものばかり飲むと胃に負担をかけ、消化不良や下痢などの原因にもなります。
3.運動時以外のスポーツドリンクは 3倍程度に薄めましょう

吸収しやすいスポーツドリンクですが、飲みすぎてしまうと糖分の過剰摂取になって しまうことも。普段は薄めて飲みましょう。
4.甘いジュースではなく、麦茶でミネラル補給!

糖分の過剰摂取でかえって食欲が落ち、夏バテの原因となることもあります。水が飲みにくい場合などは、麦茶を飲むようにするとミネラル補給に役立ちます。
5.夜中や朝方は、血液さらさらのための1杯

夜寝る前の水や朝一番の水分は、血液がどろどろになるのを防いでくれる大切な1杯です。

また、夏野菜などは体を内側から冷やしてくれる食材です。上手にバランスの良い食事を摂り、外側も内側からも健康的な体になるよう目指していきましょう。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 早起きの習慣をつくろう!

早起きの習慣は、中々身につかないものです。気持ちは起きたくても、なかなか眠気に勝てないとき、ありますよね。そこで今回は、スムーズに早起きできるようになる3つのコツについてお伝えします。

1.朝日を浴びる
人は、1日24時間というルールで社会生活を送っています。でも、実際には約1日の生態リズム、サーカディアンリズムがあり、このリズムは、24時間よりもう少し長く、約25時間という周期を体内時計として持っています。
そのサイクルを24時間サイクルに戻すために、朝日を浴びるという方法があります。光が目から脳へ伝わり、自然とカラダがリセットされていきます。

2.朝一杯の水を飲む
朝起きたら、すぐに、常温のお水をコップ一杯飲みましょう。何時間も食事をしていないカラダは、寝ている間に汗をかき、水分量も減っています。朝起きて、喉が乾いているとしたら、体内の水分が1~2%奪われている状態です。
体は、前日の夜から食べていませんので、胃が空っぽの状態です。体温に近いぐらいの常温の水、または、ぬるま湯を飲むことで体にじわりと染み入り、細胞が元気になる感覚を感じられるはずです。

3.朝食を食べる
それでも、目が覚めないという場合は、朝食を食べましょう。「朝食を食べる」という行動は、体を25時間サイクルから1時間リセットするために必要な方法です。食べることにより内臓が動き、自然と体が整い、体温を上げる働きがあります。体温が上がることで、代謝も上がるため、太りにくく、調子よく1日を過ごすことができます。

以上の3つを実践して、朝に強い体になりましょう!

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 夏バテ予防

・水分の摂り方に注意
暑い日は体の水分が汗となって出て行くため、水分補給はとても大切。しかし、喉が渇いたからと言って冷たい飲み物を一気にゴクゴク飲んでしまうと、水分があまり体に吸収されない上に、 胃腸が冷えて働きが悪くなり(食欲不振や消化不良)夏バテの原因に。一番良い水分の取り方は温かい飲み物を少しずつ飲むこと。 温かくてもミントやカモミールティーだったら清涼感があるので体もさっぱりする。
それでも冷たい飲み物を飲みたい!という時はせめて口の中に含んで少し温めてから飲むようにしよう。

・旬の食べ物のすすめ
旬の食べ物はその季節に合った働きを体にしてくれる。値段も一番手頃になるため、生命エネルギーも高いと言われている。積極的に旬の物を食べて活力をつけよう。

<旬の食べ物の例>
枝豆、スイカ、トマト、キュウリ、ゴーヤ、大葉、みょうが

・クーラー病に注意
外の灼熱地獄からクーラーの効いた涼しい部屋に行くと気持ち良いが、実はそれが夏バテを助長してしまう。
暑い屋外と涼しい屋内を何度も行ったり来たりすると、温度調節を司る自律神経に負担がかかり、繰り返しているうちに機能がどんどん弱くなる。
自立神経が弱くなると、暑いところでも汗がかけず、熱が体の内側にこもってしまい、頭痛やめまい、食欲不振という夏バテの原因になる。 暑い日でもクーラーの設定は27~28度にしたいもの。

リーブ21 髪にうれしいリラックス法 ストレスフリーな体作り

1、無理な食事制限はしない
無理な食事制限は栄養が偏るだけではなく、食べたいものが食べられないことがストレスになり、反動からドカ食いの可能性もある。食べたいものを我慢するよりも、バランス良く食べることを日頃から習慣にしよう。

2、外食は思い切り楽しむ
恋人やお友達と食事に行ったときに「ダイエット中だから、あれは食べない、これは食べない」となってしまうと、折角の楽しい時間も台無しに。外食のときは食べたいものを食べ、その分次の日はローカロリーのものを食べるようにしたり、食べた分エクササイズしたり…など、調整をすること。

3、睡眠はたっぷりと
寝不足は新陳代謝の低下を招き、肌荒れの原因になったり、体に脂肪がつきやすくなったりする。生活スタイルを見直し、できるだけ午後10時から午前2時を含む6時間以上の睡眠を取るようにしよう。

4、鏡でボディチェック
毎晩お風呂に入る前後に鏡で体をチェックしよう。いつもよりお腹が出ている?と感じたら腹筋の回数を多めにする、バストの張りが気になるようだったら、バストエクササイズやマッサージを重点的にする。
また、どの角度がよりキレイに見えるかを研究してもいい。上級者は鏡だけではなく、気になる部位を常にカメラで撮影し、日々の変化をチェックしてもよいかも。

5、運動は定期的に
ジムに入会、ピラティスやダンスクラスetc・・・、週に1回は体を動かす場に行くのもおすすめ。
自宅でのエクササイズはもちろん大切ですが、自宅外に体を動かす場を持っていれば、モチベーションを高められるだけではなく、シェイプアップ仲間ができたり、美容や健康の情報が得られたりする。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 脳のための運動

・運動が脳に良い理由
ハーバード大学の疫学研究者によれば、70歳から81歳の女性、1万8766人の認知能力を分析した結果、週に12時間のウォーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったという結果がでています。この結果から、週に合計1時間30分のウォーキングでも脳の機能を保てるといいます。
また、60歳から79歳の人たちに、ランニングマシンで、週に3回、1時間の運動を6カ月間継続させた後、MRI検査をすると、前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えたという報告もあります。容量が増えるということは、脳の中で、新しい血管ができ、新しい神経細胞が生まれたということです。
運動をすることは、脳の中の血流を増やすことにつながります。血流が増えれば、脳の必要なブドウ糖などの栄養をきちんと運ぶことができるわけです。また、脳内物質(神経伝達物質)が増えることもわかっています。その結果、情報処理能力が活性化され、脳の回転がよくなるわけです。

・脳に効果的な運動
1. 週1時間半のウォーキングからスタート。
脳の機能の維持には、週1時間半のウォーキングだけでも効果がでることがわかっています。日々歩くことを意識したり、買い物に歩いてでかけてみたり。まずは、出歩くことからはじめましょう。

2. ゴルフの素振りや縄跳びなど単純運動をしてみる。
同じ動作を繰り返す運動も、脳が神経を発達させ、覚えていく動作になります。単純な運動を繰り返すだけでも、十分に効果が期待できます。

3. 変則的な動きや反射神経をいれた運動をしてみる。
脳は複雑な動きをすればするほど、複雑な神経経路を作り上げるといわれています。余裕のある方は、ダンスなど変則的な動きや、バスケやサッカーなどボールを使った運動やボクシングなど反射神経を必要とする運動をとりいれてみましょう。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 腸ストレスの緩和

冬になると流行り出すのがノロウイルスをはじめとする、ウイルス性腸炎。気温や湿度が下がったことで、物が腐りにくくなることもあり、つい油断してしまいがち。
そこでおすすめしたいのがホットヨーグルト。「ヨーグルトを温めるなんて気持ち悪い」とほとんどの方が思うのではないだろうかしかしそのおいしさを一度知ってしまうと、なかなか冷たいヨーグルトに戻れなくなるほど。味はさておき、まずはその効能から紹介しよう。

1.乳酸菌が腸まで届きやすい
最初からヨーグルトを温めた状態で食べるので、腸自体が冷えることなく、ヨーグルトの有効成分である乳酸菌の活動が活発になる。

2.下痢しにくい
腸が敏感な方は冷たいものを摂取するだけでお腹がゴロゴロ。ホットヨーグルトは体温に近い温度なので、腸への刺激が少なくて済む。

3.便秘、下痢などの改善
乳酸菌により腸内環境が整えられることで、悪玉菌が減少し、便秘や下痢といった症状が緩和される。

4.美肌
“お肌は内臓の鏡”と言われるよう、腸内環境が正常になることで肌が美しく整う。美肌は女性に限ってのことではなく、男性にも必要なもの。特に販売職や営業職など人前に出ることの多い職に就いている方は、美肌のほうが受けも良く、健康的に見えることから好感度もアップする。

5.イライラ防止
ヨーグルトに多く含まれるカルシウム。こちらもまた乳酸菌同様、温めることで吸収率がアップする。カルシウム不足はストレスを引き起こす諸悪の根源。ホットヨーグルトを常食することで、ストレスに対する抵抗力が高まる。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 低GI料理で体も心もデトックス&リラックス

・低GI(glycemic index)に着目した食べ方
抜きたくないのは肉や魚といった動物性たんぱく質。
肉や魚は糖質が低くたんぱく質を豊富に含むので、積極的に摂りたい食材です。たんぱく質が不足すると筋肉が減少し、基礎代謝が落ちてしまうので毎日一回は摂りたいもの。また、たんぱく質は、ホルモンや神経系を正常に働かせるために必要な神経伝達物質の合成にも関与しているので必須です。料理が苦手な方でも肉や魚なら焼くだけですし、昨今の惣菜売り場では焼き魚や煮魚もあるので、それらを利用してもいいでしょう。
野菜の多くは糖質が低いのですが、トウモロコシ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、里芋、山芋などは糖質が高めなので、初期のうちはなるべく控えめにしたいものです。糖質というと「炭水化物は全てNG」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。玄米、蕎麦、春雨、全粒粉のパンは糖質が低いので安心です。主食が白米である日本人にとって、白米がNGというのは辛いところですが、普段は玄米という形が望ましいでしょう。
アーモンドなどのナッツ類、昆布、小魚はぜひとも持ち歩きたい食材。小腹がすいたなという時に、チョコレートや飴をなめるのではなく、これらを食べてください。冷蔵庫がある職場ならチーズやゆで卵を常備しておくのも手です。特にゆで卵は腹もちがいいのでおすすめ。最近はコンビニなどで、塩要らずの味付けゆで卵が出ているのでチェックしてみてください。アーモンドやチーズというと、「カロリーが高い」と思って避けがちですが、低GIはカロリーよりも糖質の含有量に着目しますので大丈夫です。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 脳のための運動

・運動が脳に良い理由
ハーバード大学の疫学研究者によれば、70歳から81歳の女性、1万8766人の認知能力を分析した結果、週に12時間のウォーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったという結果がでています。この結果から、週に合計1時間30分のウォーキングでも脳の機能を保てるといいます。
また、60歳から79歳の人たちに、ランニングマシンで、週に3回、1時間の運動を6カ月間継続させた後、MRI検査をすると、前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えたという報告もあります。容量が増えるということは、脳の中で、新しい血管ができ、新しい神経細胞が生まれたということです。
運動をすることは、脳の中の血流を増やすことにつながります。血流が増えれば、脳の必要なブドウ糖などの栄養をきちんと運ぶことができるわけです。また、脳内物質(神経伝達物質)が増えることもわかっています。その結果、情報処理能力が活性化され、脳の回転がよくなるわけです。

・脳に効果的な運動
1. 週1時間半のウォーキングからスタート。
脳の機能の維持には、週1時間半のウォーキングだけでも効果がでることがわかっています。日々歩くことを意識したり、買い物に歩いてでかけてみたり。まずは、出歩くことからはじめましょう。

2. ゴルフの素振りや縄跳びなど単純運動をしてみる。
同じ動作を繰り返す運動も、脳が神経を発達させ、覚えていく動作になります。単純な運動を繰り返すだけでも、十分に効果が期待できます。

3. 変則的な動きや反射神経をいれた運動をしてみる。
脳は複雑な動きをすればするほど、複雑な神経経路を作り上げるといわれています。余裕のある方は、ダンスなど変則的な動きや、バスケやサッカーなどボールを使った運動やボクシングなど反射神経を必要とする運動をとりいれてみましょう。

■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 腸ストレスの緩和

冬になると流行り出すのがノロウイルスをはじめとする、ウイルス性腸炎。気温や湿度が下がったことで、物が腐りにくくなることもあり、つい油断してしまいがち。
そこでおすすめしたいのがホットヨーグルト。「ヨーグルトを温めるなんて気持ち悪い」とほとんどの方が思うのではないだろうかしかしそのおいしさを一度知ってしまうと、なかなか冷たいヨーグルトに戻れなくなるほど。味はさておき、まずはその効能から紹介しよう。

1.乳酸菌が腸まで届きやすい
最初からヨーグルトを温めた状態で食べるので、腸自体が冷えることなく、ヨーグルトの有効成分である乳酸菌の活動が活発になる。

2.下痢しにくい
腸が敏感な方は冷たいものを摂取するだけでお腹がゴロゴロ。ホットヨーグルトは体温に近い温度なので、腸への刺激が少なくて済む。

3.便秘、下痢などの改善
乳酸菌により腸内環境が整えられることで、悪玉菌が減少し、便秘や下痢といった症状が緩和される。

4.美肌
“お肌は内臓の鏡”と言われるよう、腸内環境が正常になることで肌が美しく整う。美肌は女性に限ってのことではなく、男性にも必要なもの。特に販売職や営業職など人前に出ることの多い職に就いている方は、美肌のほうが受けも良く、健康的に見えることから好感度もアップする。

5.イライラ防止
ヨーグルトに多く含まれるカルシウム。こちらもまた乳酸菌同様、温めることで吸収率がアップする。カルシウム不足はストレスを引き起こす諸悪の根源。ホットヨーグルトを常食することで、ストレスに対する抵抗力が高まる。


■リーブ21 髪にうれしいリラックス法 冬の準備と風邪対策

肌寒い日が多くなってきたこの季節、早いうちに冬の準備と風邪対策をしておきましょう。

この時期の風邪対策として、ぜひおすすめしたいのが、「葱」(ネギ)です。葱の独特の香り成分アリシンは、殺菌作用や免疫力を高めてくれる効果があります。
さらにこのアリシンは、糖質の代謝を助けるビタミンB1の吸収をサポートするほか、中性脂肪を下げる効果も期待されています。長葱以外でも、玉ねぎやにんにくにも多く含まれているため毎日の料理に簡単に取り入れることができます。

次に、風邪予防に必要なのが、野菜や果物に多く含まれるビタミンCです。ビタミンCは、風邪予防のほか、美肌効果やさまざまな栄養素の吸収サポートなどにも使われ、またストレスや喫煙などでも消費されていきます。そのため、普段から不足しないように意識して摂ることが必要です。
そのため、冬は、より意識してビタミンCの多い葉物の野菜や果物を食べることがおすすめです。

<身体を温める事も大事!>
風邪をひかないように免疫力を高めるなら、「カラダを温めること」もおすすめです。
カラダを温める食材としておすすめなのが、しょうがです。
お料理に使うのもよいですし、ジンジャーティーとして、しょうがをすりおろしたものと紅茶をあわせて飲むこともおすすめです。体温があがることによって、免疫力もあがり、風邪予防につながります。
そのほか、にんにくや葱もいいですし、唐辛子、キムチなどもカラダを温めるのには、おすすめです。さらに温かい飲み物や汁物もダイレクトにカラダを温めてくれますので、毎食意識してとりたいものです。
風邪をひいてしまってからでは遅いですが、毎日の生活で意識しているとある程度風邪を予防できますので、ぜひお試しくださいね。

■リーブ21 髪の毛とストレス

リーブ21のコラムから、髪の毛とストレスについて紹介します。

・髪の毛はストレスで抜けてしまう
ストレスからくる脱毛の顕著な例が円形脱毛です。個人差がありますが、ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、髪が恒常性をなくし髪が抜けて円形脱毛になります。経験者なら分かるかもしれませんが、大抵の人は、ある日突然、円形脱毛を発見します。つまり、円形脱毛になる人は、ほとんど自覚症状がありません。ただし、ストレスがなくなれば、なおる場合が多いのでさほど心配しなくても大丈夫です。但し、円形部位がひとつできて、なおる前に二つ目ができ、さらに三つ、四つとどんどん広がる場合があります。これは悪性円形脱毛症で完治するのにきわめてやっかいなタイプの脱毛です。これを回避するためにもし二つ目ができた場合は速やかに対処されることが重要です。

・中には白髪になる人も
ストレスによって白髪になる人もいます。
恐怖やプレッシャーなど強いストレスを長く受け続けると、メラニン(色素)を産生する色素細胞(メラノサイト)が白髪になります。例えば仕事で海外に派遣された技術者が納期までに満足のいく製品が開発できず、クライアントからさんざん責められ、プレッシャーを受け続けたために日本へ帰ってきたときには黒髪がすっかり白髪になったという話や火事によって家屋が消失するなど大変なトラブルに遭遇したケースもあります。

・ストレスフリーの生活が理想的
今の時代、ストレスを100%なくすことはできないでしょうが、ストレスのダメージを軽減する方法を自分なりに見つける工夫は健康な身体や髪のために大切です。自分にあった解消法を見つけましょう。

  • 最終更新:2017-03-09 10:50:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード